お問い合わせはこちら

2019.06.21

7割が半年以内に来日予定!FUN! JAPAN訪日旅行オンライン調査結果を発表

アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN! JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communications(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 大輔、以下 Fun Japan Communications)は、台湾・香港・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・インドのアジア7カ国の訪日旅行事情について調査しました。日本への関心が高い100万人以上のFUN! JAPAN読者の“イマ”をご紹介します。

PICK UP

  • 日本旅行の予定は?「半年以内に日本に来る」人が70%以上の国も!
  • 日本にこれまで何回旅行した?香港は「10回以上」のヘビーリピーターが半数も!
  • 次の日本旅行ではどこへ行く?1位は関東地方が独占!

    アジア7か国を対象に、旅行・グルメ・文化・ライフスタイル・テクノロジーなど、日本の情報を幅広く発信する「FUN! JAPAN」にて、読者に対して訪日旅行の予定を調査しました。

    <調査概要>
    調査方法:FUN! JAPAN読者へのオンラインアンケート
    調査時期:2019年5月~6月
    サンプル数:6,834

    日本旅行の予定は?「半年以内に日本に来る」人が70%以上の国も!

    台湾は71%、香港は75%が半年以内に訪日予定。香港においては、「1ヶ月以内に行く予定」の人が30%弱という高い結果に。訪日予定が一番少ないインドでも、「半年以上先だが行く予定」まで含めると74%が訪日意向があることが分かりました。

    「日本旅行の予定」、FUN! JAPANは一般的な訪日割合より断然高い!

    「一般的な訪日割合」を2018年の訪日旅行者数を人口で割った数値とし、FUN! JAPAN読者が「半年以内に日本に行く予定」と答えた割合と比較しました。

    訪日割合が最も高い香港でも2.5倍の割合、さらにタイは60%弱、マレーシアは40%弱と、一般的な訪日割合に比べて格段に高い結果です。FUN! JAPANのユーザーは、訪日の予定がすでにあって情報収集していることが分かります。

    日本にこれまで何回旅行した?香港は「10回以上」のヘビーリピーターが半数も!

    次に、「半年以内に日本旅行を予定している人」限定で、「日本にはこれまで何回旅行しましたか?」と質問。日本から近い台湾と香港のユーザーは、いずれも97%が日本への旅行経験があるという結果に。香港は「10回以上」というヘビーリピーターが50%もいることが判明しました。

    また、ビザの申請が必要なインドネシアとベトナムにおいても、インドネシアは50%、ベトナムは37%と、比較的高い結果になっています。一方インドでは8割が日本旅行未経験。「初めての訪日旅行を予定している日本ビギナー」の人たちがFUN! JAPANに訪れていることが読み解けます。

    次の日本旅行ではどこへ行く?1位は関東地方が独占!

    「次の日本旅行ではどこに行きますか?」の質問は、1位で関東地方が独占。東京都内はもちろん、東京ディズニーリゾート、温泉で人気の箱根など、日本ビギナーがイメージする「日本の観光地」が揃っていることが理由と考えられます。

    2位以下は、お国柄が表れる結果となりました。台湾と香港で近畿地方が2位なのは、関西国際空港へのLCCが多数就航しており、ショッピングや観光の拠点となっていることが考えられます。タイとベトナムで北海道が2位にランクインしたのは、東南アジアでは珍しい「雪」を見たいと思う人が多く、テレビなどの影響により雪=北海道というイメージが定着しているためでしょう。

    日本に旅行する各国インバウンドの傾向は、下記に詳しく記載しています。

    台湾人インバウンドの特徴

    香港人インバウンドの特徴

    タイ人インバウンドの特徴

    半年以内に日本旅行する予定の人が、一般的な訪日希望者よりも圧倒的に多いFUN! JAPAN。「日本に行ったら何をしよう?」と具体的な情報収集をしている層へプロモーションすれば、狙い通りの効果が得られるに違いありません。

    日本好きかつ直近で日本旅行を予定している人をターゲットにしたコンテンツマーケティングは、Fun Japan Communicationsにお任せください。

    [Fun Japan Communicationsについて]

    アジア地域No.1規模の"日本好き"コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2018年9月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数140万人、 Facebookファン数445万人、会員数80万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、 100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

    [本件に関するお問合わせ先]

    株式会社Fun Japan Communications 安原(ヤスハラ)・林(ハヤシ)

    TEL 03-6402-5521

    E-mail  inquiry@fj-com.co.jp

    URL https://fj-com.co.jp/contact/

    記事に関するお問い合わせはこちら