お問合せはこちら

ARTICLE

記事一覧

2020.04.23

北海道のインバウンド・訪日外国人観光客データと旅行の傾向

北海道のインバウンド

この記事では、アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN! JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communicationsが、これまで企業・行政のインバウンド施策支援を行ってきた知見をもとに、北海道のインバウンドに関するデータと訪日外国人旅行者の需要動向を解説していきます。

データで見る北海道のインバウンド状況

訪日観光客数(2019年)

2019年の北海道の訪日外国人客数は2539409人で、全国8位。
北海道は四季を通じて人気の観光エリア。特に、雪の降らない東南アジア地域からの訪日旅行者は、雪を観光の主軸に置く人が多く、雪が積もる12月から2月のさっぽろ雪まつりのシーズンに日本を訪れる傾向があります。
また、最近は札幌、函館といった定番観光エリアに加え、道東エリアへの訪日旅行者数も増えています。おみやげでは、「白い恋人」や「六花亭」といった北海道ブランドのお菓子、限定品などが人気です。

訪日観光客数の推移

国別、訪日観光客数の推移

2019年の訪日観光客数を国籍、地域別にみると、中国が訪問者の25.75%を占めています。続いて韓国が21.73%、台湾20.34%、香港7.31%、タイ7.12%となっており、この上位5カ国で全体数値の82.25%を占めています。

北海道伸び率

インバウンド消費額(2019)

  • インバウンド消費額は2469億円で全国4位。
  • 1人1回あたりの旅行消費額単価は97243円で全国2位。
  • 1人1泊あたりの旅行消費単価は17586円で全国4位。

インバウンド消費額の国別割合(2019)

2019年のインバウンド消費割合を国籍、地域別にみると、中国がインバウンド消費額の33.87%を占めています。続いて台湾が15.65%、韓国13.93%、香港10.87%、タイ6.79%となっており、この上位5カ国で全体の81.11%を占めています。

費目別消費内訳(2019)

北海道における2019年のインバウンド消費額を費目別でみると、買物代が消費額全体の38.85%を占め、続いて宿泊費が30.8%,飲食費が20.59%となっています。

アジアの訪日外国人の意見

北海道に対するアジアの訪日外国人観光客の第一印象

雪景色、花畑をイメージする人が多いです。花畑はラベンダーが特に有名で、台湾、香港、ベトナム、タイの旅行者の間でも知られています。タイ、マレーシア、ベトナム、シンガポールなど雪が降らない国の出身者は、「雪を見るなら北海道」というイメージが定着しています。
またグルメに関しても、海鮮丼やウニ、カニがおいしいことが有名です。

北海道でアジアの訪日外国人観光客に人気の観光地

雪景色や花畑を撮影できるフォトジェニックなスポットに人気が集中しています。
さっぽろ雪まつりの国際雪像コンクールで、タイのチームが何度か優勝した実績があるため、雪像を見るために訪日するタイ人も少なくありません。
また、花畑では、特に富良野のラベンダー畑の人気が高く、ファーム富田など有名な花畑は名前もよく知られています。

北海道でアジアの訪日外国人観光客に人気の体験、アクティビティ

「北海道は雪が降る地域」というイメージが定着しているため、すべての対象国で訪日したらスキーを体験してみたい、という声が出ました。台湾人や香港人、タイ人、ベトナム人の間では、雪まつりの人気が高いです。

北海道でアジアの訪日外国人観光客に人気のグルメ

海鮮グルメのおいしさは有名で、今回調査したすべての国で人気のグルメに魚介類の名前があがってきました。
特に蟹(カニ)は、台湾、香港、マレーシア、タイと様々な国の観光客に人気があります。また、インドネシア、タイ、ベトナムといった東南アジアでは、北海道産の牛乳で作った味が濃厚なソフトクリームも人気があります。

北海道でアジアの訪日外国人観光客に人気のおみやげ

北海道のおみやげといえば、人気があるのはお菓子です。特に定番は、白い恋人。六花亭、じゃがポックル、ROYCE'チョコレート、三方六、夕張メロンピュアゼリー、花畑牧場なども日本好きの訪日旅行者には人気です。

北海道でアジアの訪日外国人観光客に人気の宿泊エリア

宿泊エリアでは、札幌など主要都市駅前のビジネスホテルが人気です。台湾、香港、タイ、インドネシアなどリピーターが増えている国では、小樽、函館、富良野などの絶景や季節の花が有名なエリアも宿泊地として選ばれる傾向にあります。
また、タイで人気映画のロケ地になった登別温泉も人気スポットです。

参考資料:訪日外国人消費動向調査(官公庁)、訪日外客数の動向(JNTO)より推計

いかがでしたか?都道府県によってインバウンドの有効な施策や、外国人旅行者からの需要は異なります。弊社Fun Japan Communicationsでは、これまでの知見を活かし、さまざまな企業様・自治体様に向けて、プロモーション施策のサポートや、メディア運用の代行サービスを実施しております。
北海道向けのインバウンド施策や、海外ユーザー・訪日旅行者の取り込みをお考えでしたら、ぜひ一度お問い合わせください。

サービスガイドの資料ダウンロードはこちらから
https://fj-com.co.jp/asia-biz/inbound/

[本件に関するお問合わせ先]
株式会社Fun Japan Communications 林(ハヤシ)
E-mail  inquiry@fj-com.co.jp
URL https://fj-com.co.jp/contact/

記事に関するお問い合わせはこちら