お問合せはこちら

2020.04.23

宮城県のインバウンド

宮城県

宮城県は東北地方に所属しており、訪日リピーターの多い台湾、香港、タイの方々の間では、牛タンが食べられる地として有名だ。宮城県の代表的な観光名所といえば松島だが、訪日リピーターの間では蔵王キツネ村も話題性があり、写真映えすることから、人気スポットとなっている。免税店や訪日旅行者向けの案内所も多く設けられていることもあり、訪れやすい県といえる。

データで見る宮城県のインバウンド状況

訪日観光客数(2019年)

2019年の宮城県の訪日外国人客数は313202人で、全国28位。

訪日観光客数の推移

国別、訪日観光客数の推移

2019年の訪日観光客数を国籍、地域別にみると台湾が訪問者の49.18%を占め、宮城県に最も多く訪れている。続いて中国が9.9%、その他7.13%、米国5.87%、韓国5.66%となった。この上位5カ国で全体の77.74%を占めている。

宮城県伸び率

インバウンド消費額(2019)

  • インバウンド消費額は155億円で全国21位。
  • 1人1回あたりの旅行消費額単価は49729円で全国11位。
  • 1人1泊あたりの旅行消費単価は10483円で全国20位。

インバウンド消費額の国別割合(2019)

2019年のインバウンド消費割合を国籍、地域別にみると台湾がインバウンド消費額の42.11%を占め、宮城県で最も多く消費している。続いて中国が12.66%、米国12.31%、その他10.56%、韓国5.13%となった。この上位5カ国で全体の82.77%を占めている。

費目別消費内訳(2019)

宮城県における2019年のインバウンド消費額を費目別でみると、宿泊費が消費額全体の35.86%を占め、続いて買物代が31.77%,飲食費が26.37%となった。

アジアの訪日外国人の意見

宮城県に対するアジアの訪日外国人観光客の第一印象

牛タン、ずんだ餅をはじめ、仙台市の七夕祭りや日本三景のひとつである松島など、アジア各国の観光客にとって宮城県は景勝地あり、グルメありの人気な観光地といえる。東北地方最大の都市である仙台市は、FUN! JAPAN対象国各国において、名前があげられている。

宮城県でアジアの訪日外国人観光客に人気の観光地

東北旅行の拠点として多くの訪日観光客が利用、滞在する仙台は圧倒的知名度が高い。また、宮城県の代表的な観光名所である蔵王キツネ村や松島は話題性があり、写真映えすることから、インドネシア、タイ、台湾と香港でも人気を見せている。

宮城県でアジアの訪日外国人観光客に人気の体験、アクティビティ

近年台湾、香港に注目されている宮城県は、松島島巡り観光船、仙台七夕まつりやキツネ村を中心に、宮城県ならではの体験が話題となっている。東北に訪れる際は、ゆっくりと観光スポットを巡る旅スタイルゆるたびに憧れる人が増えているからだと考えられる。

宮城県でアジアの訪日外国人観光客に人気のグルメ

宮城県の名物牛タンは、インドネシア、タイ、台湾、香港で人気があるようだ。また、スイーツファンが多いインドネシアと台湾では、ずんだを使った甘いお菓子も人気があるようだ。

宮城県でアジアの訪日外国人観光客に人気のおみやげ

海外でも有名な宮城二大名物牛タンとずんだ(餅)は、インドネシア、タイ、台湾と香港の方々の間では圧倒的な人気がある。

宮城県でアジアの訪日外国人観光客に人気の宿泊エリア

仙台はFUN! JAPAN対象国すべてにおいて人気がある。松島や蔵王など、近辺の観光スポットへの好アクセス、またはお買い物やおみやげ選びに便利な立地から、仙台駅が東南アジアの人気宿泊エリアで賑わいを見せている。

 

参考資料:訪日外国人消費動向調査(官公庁)、訪日外客数の動向(JNTO)より推計

[Fun Japan Communicationsについて]
アジア地域No.1規模の""日本好き""コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2020年4月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数270万人、 Facebookファン数467万人、会員数120万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、 100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

[本件に関するお問合わせ先]
株式会社Fun Japan Communications 林(ハヤシ)
TEL 03-6402-5521
E-mail  inquiry@fj-com.co.jp
URL https://fj-com.co.jp/contact/

記事に関するお問い合わせはこちら