お問合せはこちら

2020.04.23

秋田県のインバウンド

秋田県

秋田県は東北地方に所属しており、訪日リピーターの多い台湾、香港、タイの方々の間では、秋田犬の故郷として知られている。しかし、観光スポットやグルメなどの認知度は低く、またアクセスの困難さから、秋田県は他の東北地方の県と同様にインバウンド産業が伸び悩んでいるようだ。

データで見る秋田県のインバウンド状況

訪日観光客数(2019年)

2019年の秋田県の訪日外国人客数は108498人で、全国42位。

訪日観光客数の推移

国別、訪日観光客数の推移

2019年の訪日観光客数を国籍、地域別にみると台湾が訪問者の51.75%を占め、秋田県に最も多く訪れている。続いて香港が8.37%、中国8.24%、その他5.69%、タイ4.54%となった。この上位5カ国で全体の78.59%を占めている。

秋田県伸び率

インバウンド消費額(2019)

  • インバウンド消費額は26億円で全国43位。
  • 1人1回あたりの旅行消費額単価は24144円で全国39位。
  • 1人1泊あたりの旅行消費単価は9947円で全国23位。

インバウンド消費額の国別割合(2019)

2019年のインバウンド消費割合を国籍、地域別にみると台湾がインバウンド消費額の29.4%を占め、秋田県で最も多く消費している。続いて中国が12.46%、香港10.44%、オーストラリア7.54%、韓国7.34%となった。この上位5カ国で全体の67.18%を占めている。

費目別消費内訳(2019)

秋田県における2019年のインバウンド消費額を費目別でみると、宿泊費が消費額全体の47.04%を占め、続いて飲食費が25.44%,買物代が19.76%となった。

アジアの訪日外国人の意見

秋田県に対するアジアの訪日外国人観光客の第一印象

秋田県といえば秋田犬と秋田美人を思い浮かべる台湾、タイ、ベトナムと香港の方が多い。一方、お米を日常的に食べるインドネシアやマレーシアなどの国では、あきたこまちも挙げられ、秋田県産の白米の高い知名度が見受けられた。

秋田県でアジアの訪日外国人観光客に人気の観光地

秋田旅の定番観光スポットともいえる景勝地田沢湖と、昔ながらの町並み角館は、タイ、台湾、香港でも知られている。なかでもその3か国から秘湯と言われる乳頭溫泉は、温泉好きの間に話題にもなっている。

秋田県でアジアの訪日外国人観光客に人気の体験、アクティビティ

台湾、香港において名前が挙がったのは、秋田竿燈まつりとなまはげ祭りだ。秋田県の伝統的な祭りを間近に見られる体験は、特にリピーターが多い国に人気が出ているようだ。

秋田県でアジアの訪日外国人観光客に人気のグルメ

鍋文化が根付いている台湾、香港ではきりたんぽという答えが多数ありました。そのほかに台湾では稲庭うどん、タイではお米というように、秋田県には海外の人に愛されるご当地グルメがたくさんあるようだ。

秋田県でアジアの訪日外国人観光客に人気のおみやげ

秋田犬のファンが多い台湾、香港では、そのかわいらしい姿が人気で、関連グッズを購入する人も多い。タイではなまはげ関連の小物と回答した人もあり、お祭りに参加したことを記念に購入する傾向があるとうかがえる。残念ながら、インドネシア、マレーシア、ベトナムでは秋田県のおみやげは、印象にないようだ。

秋田県でアジアの訪日外国人観光客に人気の宿泊エリア

市内だけでも多くの観光スポットが点在する秋田市は、タイ、台湾、香港を中心に人気が高い。なかでも香港からの観光客は田沢湖、角館、乳頭溫泉など、県内様々なところに宿泊し、旅行プランに合わせた宿泊スタイルを楽しんでいるようだ。

 

参考資料:訪日外国人消費動向調査(官公庁)、訪日外客数の動向(JNTO)より推計

[Fun Japan Communicationsについて]
アジア地域No.1規模の""日本好き""コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2020年4月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数270万人、 Facebookファン数467万人、会員数120万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、 100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

[本件に関するお問合わせ先]
株式会社Fun Japan Communications 林(ハヤシ)
TEL 03-6402-5521
E-mail  inquiry@fj-com.co.jp
URL https://fj-com.co.jp/contact/

記事に関するお問い合わせはこちら