お問合せはこちら

2020.04.23

東京都のインバウンド

東京都

東京都は関東地方に所属しており、訪問率、訪問数、宿泊者数、旅行消費単価、外国人観光案内所、免税店舗数の全てにおいて全国第1位となっている。浅草、銀座、秋葉原、渋谷、原宿など、観光地からショッピングエリア、飲食店まで充実しているうえ、宿泊施設が足りないと言われているほど人気のエリアといえる。

データで見る東京都のインバウンド状況

訪日観光客数(2019年)

2019年の東京都の訪日外国人客数は15098479人で、全国1位。

訪日観光客数の推移

国別、訪日観光客数の推移

2019年の訪日観光客数を国籍、地域別にみると中国が訪問者の32.84%を占め、東京都に最も多く訪れている。続いて台湾が9.48%、米国8.69%、韓国7.91%、その他7.48%となった。この上位5カ国で全体の66.4%を占めている。

東京都伸び率

インバウンド消費額(2019)

  • インバウンド消費額は15092億円で全国1位。
  • 1人1回あたりの旅行消費額単価は99959円で全国1位。
  • 1人1泊あたりの旅行消費単価は17816円で全国3位。

インバウンド消費額の国別割合(2019)

2019年のインバウンド消費割合を国籍、地域別にみると中国がインバウンド消費額の39.01%を占め、東京都で最も多く消費している。続いて米国が9.15%、その他7.95%、台湾7.77%、韓国6.39%となった。この上位5カ国で全体の70.27%を占めている。

費目別消費内訳(2019)

東京都における2019年のインバウンド消費額を費目別でみると、買物代が消費額全体の41.74%を占め、続いて宿泊費が31.33%,飲食費が20.92%となった。

アジアの訪日外国人の意見

東京都に対するアジアの訪日外国人観光客の第一印象

日本の一番流行っているものや最新情報を手に入れることができる都会として、イメージが定着している。交通が便利で観光地が多く、一度の滞在では見きれないほど。東京タワーとスカイツリーはもちろん、浅草、東京駅周辺、銀座、池袋、新宿、渋谷、原宿、上野、秋葉原など、人気スポットにあふれている。

東京都でアジアの訪日外国人観光客に人気の観光地

FUN! JAPANの対象国すべてにおいて、必ず押さえておきたい都市となっている。また東京のシンボルと言える東京タワーは、日中の姿はもちろん、ライトアップされた夜の姿も魅力的と口を揃える。なお、東京タワーはもちろん、ショップやレストラン、水族館等々が充実しているスカイツリーも人気だ。

東京都でアジアの訪日外国人観光客に人気の体験、アクティビティ

伝統的で魅力あふれる美しい服着物は、一度は体験したい観光客も多い。東京都といえば、プラント品、爆買いといったキーワードが溢れるが、下町を感じられる街並みもある。特にアクセスがよい浅草で、着物での街巡りは人気だ。各国別には、インドネシア は 忍者、着物体験、マレーシアと台湾は着物体験、タイは着物体験、ショッピング、香港とベトナムはショッピングというアクティビティの傾向の内訳が見えた。

東京都でアジアの訪日外国人観光客に人気のグルメ

インドネシアは寿司、てんぷら、定食などの手軽に食べられる和食、タイは焼肉、寿司、刺身、しゃぶしゃぶなどの和食、台湾はどんなグルメでも揃う場所、香港は和食、焼き肉、ベトナムは寿司、刺身などの和食と回答。いずれも和食という共通のキーワードがあるようだ。

東京都でアジアの訪日外国人観光客に人気のおみやげ

東京都には何でもある印象が強く、おみやげの爆買いにびったり。そのため各国の回答は、インドネシア多種多彩におみやげはある、マレーシア東京バナナ、キーホルダー、アニメグッズなど多彩、タイ東京バナナ、各地域のグッズ(東京スカイツリー、東京タワー、浅草、秋葉原、上野など)が魅力、台湾東京バナナ、シュガーバターの木、東京レンガぱん、東京ひよ子、東京にこ鈴、香港東京バナナ、東京ひよ子、ベトナム お菓子、文房具、アニメグッズ、UNIQLO、化粧品、薬、電子機器と、具体名も多数挙げられた。

東京都でアジアの訪日外国人観光客に人気の宿泊エリア

池袋、新宿、上野はFUN! JAPAN対象国すべてにおいて人気がある。加えてタイは大久保、台湾は銀座日本橋東京駅も挙がった。

 

参考資料:訪日外国人消費動向調査(官公庁)、訪日外客数の動向(JNTO)より推計

[Fun Japan Communicationsについて]
アジア地域No.1規模の""日本好き""コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2020年4月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数270万人、 Facebookファン数467万人、会員数120万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、 100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

[本件に関するお問合わせ先]
株式会社Fun Japan Communications 林(ハヤシ)
TEL 03-6402-5521
E-mail  inquiry@fj-com.co.jp
URL https://fj-com.co.jp/contact/

記事に関するお問い合わせはこちら