お問合せはこちら

2020.04.23

京都府のインバウンド

京都府

京都府は関西地方に所属しており、インバウンドという言葉が定着する前から、訪日旅行者の間では人気の観光スポットとなっている。欧米諸国はもちろん、台湾、香港、中国、韓国などの近隣諸国まで、幅広く人気といえる。観光のみならず、ショッピングや体験なども少しずつ増えており、引き続き、訪日旅行者数が増えていくと考えられる。

データで見る京都府のインバウンド状況

訪日観光客数(2019年)

2019年の京都府の訪日外国人客数は9064454人で、全国4位。

訪日観光客数の推移

国別、訪日観光客数の推移

2019年の訪日観光客数を国籍、地域別にみると中国が訪問者の44.45%を占め、京都府に最も多く訪れている。続いて台湾が9.9%、韓国8.57%、米国5.78%、その他5.46%となった。この上位5カ国で全体の74.16%を占めている。

京都府伸び率

インバウンド消費額(2019)

  • インバウンド消費額は2612億円で全国3位。
  • 1人1回あたりの旅行消費額単価は28825円で全国29位。
  • 1人1泊あたりの旅行消費単価は12801円で全国11位。

インバウンド消費額の国別割合(2019)

2019年のインバウンド消費割合を国籍、地域別にみると中国がインバウンド消費額の30.32%を占め、京都府で最も多く消費している。続いて米国が10.65%、台湾10.31%、その他9.85%、韓国7.15%となった。この上位5カ国で全体の68.28%を占めている。

費目別消費内訳(2019)

京都府における2019年のインバウンド消費額を費目別でみると、宿泊費が消費額全体の36.53%を占め、続いて飲食費が29.82%,買物代が26.34%となった。

アジアの訪日外国人の意見

京都府に対するアジアの訪日外国人観光客の第一印象

歴史、文化が長くて、古い町をイメージする人が多い。金閣寺、清水寺などのお寺が有名で、台湾、香港、タイでも知られている。また、秋の紅葉はすべての国でも印象的だ。京都の抹茶もとても有名だ。東南アジア諸国にも十分知られている県だ。

京都府でアジアの訪日外国人観光客に人気の観光地

有名なお寺が集まっている街。金閣寺、銀閣寺、清水寺、伏見稲荷大社なども知られている。京都を代表する観光地、嵐山は、タイ、台湾、香港、ベトナムでも人気な観光スポットだ。京都の奥座敷として知られていて、タイと台湾の観光客に人気が高い。貴船や路地を散策するだけでも日本らしさを味わえる祇園は、台湾や香港の方々はもちろん、タイとベトナムの方々の間でも、よく知られている。

京都府でアジアの訪日外国人観光客に人気の体験、アクティビティ

全ての国において、着物体験や着物での街散策が人気のようだ。

京都府でアジアの訪日外国人観光客に人気のグルメ

いずれの国においても、京都府といえば、日本伝統文化や日本らしいグルメを思い浮かべる。特に抹茶は有名で、すべての国において抹茶関連のものという答えが出た。また、京都ならではの八つ橋も、人気グルメといえる。

京都府でアジアの訪日外国人観光客に人気のおみやげ

いずれの国においても、定番かつ人気のおみやげは抹茶関連商品だ。さらに八ッ橋や、京都ならではの艶やかな和風小物も、人気のようだ。

京都府でアジアの訪日外国人観光客に人気の宿泊エリア

いずれの国も、京都駅周辺が人気の宿泊エリアのようだ。さらに河原町、四条が人気の宿泊エリアで、香港の方々の間では、嵐山も人気の宿泊エリアのようだ。

 

参考資料:訪日外国人消費動向調査(官公庁)、訪日外客数の動向(JNTO)より推計

[Fun Japan Communicationsについて]
アジア地域No.1規模の""日本好き""コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2020年4月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数270万人、 Facebookファン数467万人、会員数120万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、 100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

[本件に関するお問合わせ先]
株式会社Fun Japan Communications 林(ハヤシ)
TEL 03-6402-5521
E-mail  inquiry@fj-com.co.jp
URL https://fj-com.co.jp/contact/

記事に関するお問い合わせはこちら