お問合せはこちら

ARTICLE

記事一覧

2020.04.23

高知県のインバウンド・訪日外国人観光客データと旅行の傾向

高知県

この記事では、アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN! JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communicationsが、これまで企業・行政のインバウンド施策支援を行ってきた知見をもとに、高知県のインバウンドに関するデータと訪日外国人旅行者の需要動向を解説していきます。

データで見る高知県のインバウンド状況

訪日観光客数(2019年)

2019年の高知県の訪日外国人客数は59664人で、全国47位。
四国の高知県は、訪日旅行者の認知度があまり高くなく、四国の中でも「知る人ぞ知るスポット」となっています。これは、アクセスが困難なこと、多言語対応やWiFi対応が遅れていることなどが、訪日旅行者の観光ルートに定着していない要因といえます。
インバウンド関連事業を定着させ、工夫したプロモーションを実施すれば、訪日旅行者数が今後伸びると予測されます。

訪日観光客数の推移

国別、訪日観光客数の推移

2019年の訪日観光客数を国籍、地域別にみると台湾が訪問者の20.35%を占め、高知県に最も多く訪れています。続いて香港が17.28%、米国11.45%、その他9.84%、中国9.27%となっており、この上位5カ国で全体の68.19%を占めています。

高知県伸び率

インバウンド消費額(2019)

  • インバウンド消費額は25億円で全国44位。
  • 1人1回あたりの旅行消費額単価は42265円で全国16位。
  • 1人1泊あたりの旅行消費単価は6987円で全国36位。

インバウンド消費額の国別割合(2019)

2019年のインバウンド消費割合を国籍、地域別にみると米国がインバウンド消費額の12.67%を占め、高知県で最も多く消費しています。続いて英国が11.66%、香港10%、台湾8.49%、その他8.44%となり、この上位5カ国で全体の51.26%を占めています。

費目別消費内訳(2019)

高知県における2019年のインバウンド消費額を費目別でみると、宿泊費が消費額全体の36.5%を占め、続いて飲食費が32.31%,買物代が22.19%となっています。

アジアの訪日外国人の意見

高知県に対するアジアの訪日外国人観光客の第一印象

残念ながら、ほとんどの国にイメージがないようです。日本の歴史、文化への関心が高い台湾では、当県の代表的な建造物高知城、歴史的有名な人物坂本龍馬の生まれた町として知られています。

高知県でアジアの訪日外国人観光客の人気の観光地

訪日リピーターの多い台湾人、タイ人は、歴史建造物や高知城、香港人の間では四万十川が有名です。しかし残念ながら、インドネシア人、マレーシア人、ベトナム人からは具体的な観光地の名前は出ず、高知県で人気の観光地の印象は薄いようです。

高知県でアジアの訪日外国人観光客に人気の体験、アクティビティ

台湾人には、四万十川を観光するのが人気のようですが、その他の国の日本好きの人々には、高知県のアクティビティの印象はないようです。

高知県でアジアの訪日外国人観光客に人気のグルメ

訪日リピーターの多い台湾、香港では、かつおのたたきが人気です。しかし残念ながら、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナムでは、高知グルメの印象は特にないようです。

高知県でアジアの訪日外国人観光客に人気のおみやげ

台湾では、かつお節が人気の高知みやげだそうです。インドネシア人、タイ人、マレーシア人、ベトナム人は高知のおみやげについて、印象がないようです。

高知県でアジアの訪日外国人観光客に人気の宿泊エリア

台湾、香港、タイの訪日旅行者に人気の宿泊エリアは高知市周辺だそうです。とくに台湾では、四万十市周辺で観光を楽しんだ後に、市内に宿泊する人もいるようです。

参考資料:訪日外国人消費動向調査(官公庁)、訪日外客数の動向(JNTO)より推計

いかがでしたか?都道府県によってインバウンドの有効な施策や、外国人旅行者からの需要は異なります。弊社Fun Japan Communicationsでは、これまでの知見を活かし、さまざまな企業様・自治体様に向けて、プロモーション施策のサポートや、メディア運用の代行サービスを実施しております。
高知県向けのインバウンド施策や、海外ユーザー・訪日旅行者の取り込みをお考えでしたら、ぜひ一度お問い合わせください。

[Fun Japan Communicationsについて]
アジア地域No.1規模の""日本好き""コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2020年4月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数270万人、 Facebookファン数467万人、会員数120万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、 100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

サービスガイドの資料ダウンロードはこちらから
https://fj-com.co.jp/asia-biz/inbound/

[本件に関するお問合わせ先]
株式会社Fun Japan Communications 林(ハヤシ)
E-mail  inquiry@fj-com.co.jp
URL https://fj-com.co.jp/contact/

記事に関するお問い合わせはこちら