お問合せはこちら

2020.04.23

沖縄県のインバウンド

沖縄県

沖縄県は九州地方に所属しており、一大リゾート地として、近隣の台湾や韓国からの訪日旅行者数が大半を占める。消費単価が高い要因としては、特定免税店制度が施行されていることもある。昨今の韓国の社会情勢を考慮すると、その数は減少していく。しかし、多言語対応やWiFi対応の施設や観光スポットが増えているため、訪日旅行者数が増えていくと予測される。

データで見る沖縄県のインバウンド状況

訪日観光客数(2019)

2019年の沖縄県の訪日外国人客数は1935866人で、全国10位。

訪日観光客数の推移

国別、訪日観光客数推移

2019年の訪日観光客数を国籍、地域別にみると台湾が訪問者の39.35%を占め、沖縄県に最も多く訪れている。続いて韓国が22.61%、中国18.08%、香港10.09%、米国3.45%となった。この上位5カ国で全体の93.58%を占めている。

沖縄県伸び率

インバウンド消費額(2019)

  • インバウンド消費額は1719億円で全国6位。
  • 1人1回あたりの旅行消費額単価は88823円で全国3位。
  • 1人1泊あたりの旅行消費単価は18600円で全国2位。

インバウンド消費額の国別割合(2019)

2019年のインバウンド消費割合を国籍、地域別にみると台湾がインバウンド消費額の35.75%を占め、沖縄県で最も多く消費している。続いて中国が24.36%、韓国13.9%、香港12.66%、米国7.1%となった。この上位5カ国で全体の93.77%を占めている。

費目別消費内訳(2019)

沖縄県における2019年のインバウンド消費額を費目別でみると、買物代が消費額全体の37.1%を占め、続いて宿泊費が27.24%,飲食費が23.14%となった。

アジアの訪日外国人観光客の意見

沖縄県に対するアジアの訪日外国人観光客の第一印象

訪日リピーターの多い台湾、香港、そしてタイの間では、海、ビーチ、首里城、沖縄美ら海水族館、宮古島、石垣島が有名のようだ。インドネシア、マレーシア、ベトナムでは、沖縄県の印象は、海とビーチといった表現のみで、具体的なスポットの名前や固有名詞は出ませんでした。一方で、いずれの国にも沖縄に負けないくらい美しい海とビーチがある点も、忘れてはいけません。

沖縄県でアジアの訪日外国人観光客の人気の観光地

訪日リピーターの多い台湾、香港、そしてタイの間では、国際通り、首里城、沖縄美ら海水族館、殘波岬、琉球村、万座毛、AMERICA VILLAGE、宮古島、石垣島が人気の観光スポットのようだ。残念ながら、インドネシア、マレーシア、ベトナムでは沖縄県で人気の観光地は、印象にないようだ。

沖縄県でアジアの訪日外国人観光客に人気の体験、アクティビティ

いずれの国も、共通して、海、ダイビング、マリンスポーツが、人気の体験、アクティビティのようだ。いずれの国にも沖縄に負けないくらい美しい海とビーチがあるため、沖縄の海だからというよりは、沖縄は海が綺麗と知っているからという認知度からの回答といえる。

沖縄県でアジアの訪日外国人観光客に人気のグルメ

訪日リピーターの多い台湾、タイの間では、沖縄そば、海ぶどう、ゴーヤチャンプルーが人気のグルメのようだ。香港では、石垣牛、アグー豚、牛ステーキ、泡盛と、意外と具体的な名称をあげて、人気のグルメを回答している。残念ながら、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナムでは鹿児島県で人気のグルメは、印象にないようだ。

沖縄県でアジアの訪日外国人観光客に人気のおみやげ

訪日リピーターの多い台湾、香港、そしてタイの間では、紅芋関連の食べ物が人気のおみやげのようだ。残念ながら、インドネシア、マレーシア、ベトナムでは沖縄県で人気のおみやげは、印象にないようだ。

沖縄県でアジアの訪日外国人観光客に人気の宿泊エリア

訪日リピーターの多い台湾、香港、そしてタイの間では、那覇市、宮古島、石垣島が人気の宿泊エリアのようだ。残念ながら、インドネシア、マレーシア、ベトナムでは沖縄県で人気の宿泊エリアは、印象にないようだ。

 

参考資料:訪日外国人消費動向調査(官公庁)、訪日外客数の動向(JNTO)より推計

[Fun Japan Communicationsについて]
アジア地域No.1規模の""日本好き""コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2020年4月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数270万人、 Facebookファン数467万人、会員数120万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、 100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

[本件に関するお問合わせ先]
株式会社Fun Japan Communications 林(ハヤシ)
TEL 03-6402-5521
E-mail  inquiry@fj-com.co.jp
URL https://fj-com.co.jp/contact/

記事に関するお問い合わせはこちら