お問合せはこちら

2020.08.21

日本製品購入に関する調査 FUN! JAPANがオンライン調査結果を発表

アジア地域No.1規模の “日本好き”コミュニティサイト『FUN! JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communications(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 大輔、以下Fun Japan Communications)は、台湾・香港・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・インドのアジア7カ国に対して、日本製品の購入に関する調査を行いました。

新型コロナウイルスの感染拡大によって生活や価値観が変わった今、過去のデータは必ずしも正確な参考材料とならなくなっています。各国ユーザーの“今“を知り、御社のプロモーションに活かしてみてはいかがでしょうか。

PICK UP
今まで、どんな日本製品・商品を使ったことがある?
日本製品を購入する理由・目的は?
今後購入したい日本製品は?

今回の調査では、新型コロナウイルスの感染拡大でECの利用などが増加する中、日本好き外国人ユーザーが購入したことのある日本商品や、日本製品・商品の魅力や購入する理由、今後購入を予定している商品について、調査を行いました。

<調査概要>
調査対象:台湾・香港・タイ・マレーシア・インドネシア・ベトナム・インド
調査方法:10代から60代の男女へのオンラインアンケート調査
調査時期:2020年6月26日~2020年7月30日
サンプル数: 1,216

今まで、どんな日本製品・商品を使ったことがある?

ファッション、家電、美容、食などの9つのカテゴリーに分けて、利用したことがある日本製品・商品に関して、各国ユーザーにアンケートを実施しました。その結果を見てみると、利用率の高い商品や人気の高いカテゴリーには共通する項目が多いことがわかります。
全対象国とも、家電や食品を利用したことのある割合が高く、特に家電カテゴリーのカメラ機材、冷蔵庫・洗濯機・掃除機などの生活家電は全対象国とも50%以上。また、調理家電類も数値が高いことが分かります。また、食に関しても、訪日旅行のおみやげでも定番の菓子類をはじめ、調味料や健康食品など全項目とも数値が高く、“日本食”や“Made in Japan” など、Japanブランドが対象国にしっかりと認知されており、人気も高いことが分かります。
また、各国で差が出たのが、美容と文化カテゴリーです。例えば、訪日リピーターが多く、流行や美容に意識が比較的高い台湾や香港、タイでは、美容家電やコスメの利用が高くなっていますが、インドでは美容家電26%、化粧品11%など、他対象国と比べて割合は低くなっています。また、ベトナムでは文化カテゴリーの文房具や漫画・アニメ関連商品、アイドル・俳優関連のグッズなどの利用率も高くなっています。また、タイやマレーシア、インドネシアでは乗り物の利用率が高く、特に車社会のタイやマレーシア、日本車人気が高いインドネシアでは、日本車を利用したことのある人が約50%と高い数値です。

日本製品を購入する理由・目的は?

日本製品・商品を購入する理由に関しては、各国ごとに特徴が表れました。日本商品について知識が豊富で、流行にも敏感な台湾や香港では、商品のブランドを重視する傾向があります。反対に、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、インドでは、日本の技術力と商品の品質が理由で、日本製品を購入する傾向があるようです。特にインドネシアやベトナムは、製品の耐久性などを重視する割合も高くなっています。また、マレーシアやインドでは、日本商品=高級品のイメージが高く、訪日旅行のおみやげなどでも日本限定の商品人気が高いようです。

今後購入したい日本製品は?

対象国全体で見てみると、生活家電やカメラなどの電子機器類、化粧品などの美容カテゴリーの商品の数値が高くなっています。

各国で特に人気が高い商品としては、台湾は洋服や生活家電、医薬品、お菓子、カメラ。
香港は、洋服や化粧品、カメラ、生活家電などファッション関連商品の人気が高いようです。美容意識の高い人が多いタイでも、化粧品をはじめ洋服や靴などファッション商品の購入希望者が多く、その他でお菓子も人気があります。マレーシアは、洋服や車の割合が高いほか、生活家電やボディソープやティッシュ類、おもちゃや調味料など、日用品全般の人気が高いようです。特徴的なのはインドネシア。車やオートバイなどの乗り物、生活家電やカメラ、パソコンなどのデジタル機器類の数値が高くなっています。
ベトナムでは、カメラや生活家電のほか、医薬品やスマートフォン、文房具などが人気で、インドは、車などの乗り物、スマートフォンをはじめとするデジタル機器類などが人気のほか、電動歯ブラシ、体重計などの健康家電やバッグ類などの数値も高いのが、他の国にはない特徴です。

すべての国において「自分へのご褒美」「個人の趣味」との回答が多いことから、個人的な購入が主な動機のようです。また、台湾、ベトナム、インドでは「家族へのプレゼント」が約20%、全対象国とも「生活の質の向上」を選択した人が10%前後おり、日本製品のブランド力と品質への信頼性が高いことが分かります。

いかがでしたか?調査結果を見ても日本製品・商品の人気が非常に高いことが分かります。新型コロナウイルスの感染拡大によって訪日旅行などへ大きな影響が出ていますが、ECや越境ECを利用した買い物需要は増加しており、各国ユーザーに需要の高い商品や、魅力的な日本製品であれば、より販路を広げるチャンスの時期でもあります。

弊社では、現在様々なアジア向けマーケティングサービスをご用意しております。
新型コロナウイルスの収束時に、スタートダッシュをしたい自治体様、企業様もぜひご相談ください。

FUN! JAPANのサービスについてはこちら
■アジア向けマーケティングサービスについて:
http://fj-com.co.jp/asia-biz/

■イニシャルコストゼロ 完全成果報酬型サービス」:
http://fj-com.co.jp/information/2020/05/2531/


また、現在各種WEBセミナーを開催しております。
最新の海外マーケティング情報や越境ECサービス、コロナ禍中における海外顧客の獲得方法について、様々な情報を知ることができるセミナーに参加してみませんか?

今後開催予定のWEBセミナーのお知らせについてはこちら
https://fj-com.co.jp/seminar/

過去のセミナー動画はこちら
5/29開催_第1回越境ECセミナー 
https://youtu.be/4N897ie4ZTw
6/5開催 第2回越境ECセミナー
https://youtu.be/_S7KaJ8TUa0
6/19開催 第3回越境ECセミナー
https://youtu.be/o4eOCXuvBkQ
7/3開催 行政・自治体様向けWEBセミナー
https://youtu.be/P5O-O-OaxDc

[Fun Japan Communicationsについて]
アジア地域No.1規模の"日本好き"コミュニティ『FUN! JAPAN』を運営(2019年12月時点のWebサイト月間ユニーク訪問数270万人、 Facebookファン数467万人)。現地消費者目線で多国展開する『FUN! JAPAN』の圧倒的メディア力と、そこで蓄積されたデータ、さらには消費者との直接的な繋がりを基にデジタルとリアルの施策を組み合わせ、100社以上のお客様に対して訪日や海外商品の売上拡大をサポートしています。

株式会社Fun Japan Communications  担当:林
TEL: 03-6402-5521 / FAX:03-6402-5525
E-MAIL:inquiry@fj-com.co.jp
URL https://fj-com.co.jp/contact/

記事に関するお問い合わせはこちら